さてピックアップ比較の企画も3つめのダンカン・カスタムに入ってきたわけですが、この企画を始める前にブログに書いておりましたように、やはりピックアップはなんでもいい、という気持ちを強くしていますね。

 そもそもこの企画を始めたきっかけは、どれほどピックアップを替えることによって音が変わるのか、という純粋な私の興味から始まったものです。確かにピックアップを替えれば音は変わります。それは実際に比較をしていればわかるのですが、しかし他人がそれぞれの音を聴いてどう思うかは別の話だと思うんですよね。

 正直いって、第三者的な目線から私のピックアップ比較のサウンドを聴けば、「どれも一緒じゃん」という答えになると思います(笑)。アンプモデルが一緒ですし、ピックアップもハムバッキングで一緒ですからね。それほど劇的に音が変わるはずはないのです。

 しかもユーチューブにアップしている動画の音質がそれほど良くないのでなおさら違いがわかりにくいですね。でもレコードやライブで皆さんが耳にしているギターサウンドって所詮こんな感じなんですよね。たぶんエディがPAFの代わりにJBやカスタムをつけてプレイしても、聞いている方にはどれも同じ音に聞こえると思います。つまりハムバッキングの付いたギターをマーシャルにつなぎ、それをエディがプレイしているだけ、という。

 まあそういってしまえばホントにピックアップの違いなんてそんなもんです。もっといえばギターを替えたって聞いている側にはそれほど大きな違いは無いでしょう。でもそこで自分の好みにこだわるのがマニアなんですよね(笑)。誰にもそのこだわりが理解できなくても自分が追求しているものを手に入れられれば満足するのがマニアなんですよね。

 私は正直それほどのマニアじゃないし、はっきりいって私の昔から使っているストラトのピックアップがT-バッカーからカスタムに替わっても別に何も気にしないでステージでプレイするでしょうね。どちらも良いと思っているし、どうせ聞いている方にはその違いは分からないわけだし。

 いえもちろん本当にいろんなギターサウンドを聞き込んできた方が聞けば、比較的簡単にビンテージ系のピックアップか、ハイパワー系のピックアップかという違いは分かると思います。特にコードを鳴らせば割と簡単にその違いは分かるはずです。

 でもそんなことに気をつけながらギターの音を聴いている人なんてホンの一握り。それよりもどんなフレーズを弾き、どんなプレイをするのかということの方が皆さん興味があると思うんですよね。だから結局はそこですよね。

 まあそういってしまえばピックアップ比較企画なんて何の意味もなくなっちゃうんですが(笑)、でも自分自身が面白いしとても興味があるのでこれからもいろんなピックアップを試してみたいと思います。やはり自分が理想とする音でギターが弾けると嬉しいですし、楽しいですからね。

 もしテストして欲しいピックアップのリクエストがございましたらコメント欄にでもご希望のピックアップのメーカー、モデルなどを書き込んでください。またお手持ちのピックアップをテスト用に貸して下さる方もおられましたらお声かけください(笑)。

 でも一個数万円もするようなのはリクエストもらっても無理ですのでご勘弁のほどを(笑)。え、正直なところですか、そんなもん数万円のピックアップつけたってたぶんダンカン59との違いは私には分かりませんて(笑)。

関連記事
ピックアップ