注文を出していたローラーストリングガイド、ローラーサドル、そしてピックアップの短足ベースプレートが届きました。ちょっと仕事で忙しかったので、バタバタしてなかなかブログにアップできませんでしたが、ちょっとだけ暇を見つけて写真を撮ってみました。

 それぞれこんな感じです。↓

 ローラーストリングガイド

Roller String Guide

 ローラーサドル

Roller Saddle

 なかなかシルバーで統一された感じでいいです。80年代中期頃のモダンストラト、って感じがしますね。で、使ってみての感想ですが、ローラーストリングガイドは高さも割と高めで弦の動きを邪魔しない、なかなかいい製品だと思います。

 もう一つのローラーサドルですが、パッケージを見ると日本語で書いてあります(笑)。たぶん日本でも楽器屋でゴトーにパーツ注文すれば簡単に手に入ったのでしょうが、そのやり方に気がつかなかった(笑)。

 ああ、製品そのものですが、ルックスはサイコーですね。それとサドルの先端部分にローラーがセットしてあるおかげで高さ調整のイモネジが若干後ろにずれた場所に取り付けられているのですが、このおかげでとにかく弾き易い。

 肝心の音はですね、正直な感想をいえば前のブラスのサドルの方が音はよかったですね。重厚に弦が響きますし、暖かい音がしましたし。やっぱりスチールはスチールの響きですね。しかもローラーの上に弦が乗っている構造ですから、どうもサスティンはそれほど長くなさそうな気もします。まあブラスと比べちゃうからそう思ってしまうだけかも知れませんが。

 ただオールドタイプの鉄板サドルよりは全然サスティンはあると思います。それよりもこの20年ほど鉄板サドルを使っていたときはそんなもんか、と思っていたんですけど、ストラトのサドルは前のブラスや今回のヤツのようにブロックになっているもののほうが絶対弾き易いです。

 右手をサドルに置いたときの感覚が全然違うんです。特にミュートをしながら弾くような場合にはどれだけブロックの方が気持ちよくて弾き易いか。フロイドローズのサドルで弾いているような気持ちよさがありますね。

 オールドギターが大好きな方には申し訳ないですけど、私自身はなんであんな弾きにくくて音が悪い鉄板サドル(70年代のダイキャストのものも含めて)でギターを弾くのか不思議で仕方ありません。まあもし機会があればぜひブロックタイプのサドルに替えて弾いてみれば、その弾きやすさと音の良さに気がつくと思うんですけどねぇ。

 ところで肝心のチューニングですが、最初のうちはいまいちでしたが、弦が馴染んできますとなかなかいいです。前のストリングガイドやブラスサドルを使っていたときよりも更にチューニングが狂いにくい気がします。

 まあ最近はペグをロックペグに替え、ナットをタスクに替え、ストリングガイドとサドルをローラー式のものに替えてチューニングが狂いにくいパーツばかり使っていますので、これらを替える前の状態と比べるとびっくりするくらいチューニングは狂わなくなっています。

 もちろんそうは言ってもフロイドローズと比べれば全然狂いますが、「こりゃ使えん」といった感じではなく、「うん、これならライブや録音でもじゅうぶん使えるレベルだな」という感じだと思ってもらえるといいかなと思います。

 ところでピックアップの比較テストを進めていきたいのですが、サドルが変わっちゃいましたねぇ(笑)。まあ試しに録音して聞いてみたところ、それほど録音された音は違ってないようにも思いますが、やはり多少の影響はありそうに思います。

 それまで録音した音源と比較するのは必ずしもベストではないかも知れませんが、この状態でピックアップテストの方も続けていきたいと思っています。とりあえずセイモアダンカンSH-1とSH-5のテストですね。その後自家製カスタム5バージョンをテストしたいと思います。

関連記事
エレキギター