昨日ふとしたことで昔、昔のヴァン・ヘイレン、4枚目のアルバム「戒厳令」の一曲目、「Mean Street」という曲のイントロを演奏したいと思い立ちました。

 この曲、昔から物まねでよく弾いてはいたのですが、一度きちっとコピーしてみようと思いましてサウンド編集ソフトに取り込んで少しスピードを落として何度も聞いてコピーしてみました。そうすると、昔適当にコピーしていたのと左手がワンテンポずれていたことに気がつきました。

 どおりでフレーズが少し違って聞こえていたわけだ・・・(笑)。ということでたぶんコピーできてると思うんですけど、はじめは半分くらいのスピードでゆっくりと練習しながら、なんとか二日目でこんな感じに演奏できるようになりました。



 サウンドはピックアップのテストをしているのと全く同じPOD XTのセッティングです。ピックアップはセイモアダンカンのSH-4、JBモデルです。こういうプレイをするときにはこのピックアップは向いている気がしますね。

 ただハーモニックスを少しだけ綺麗に聴かせるために、ちょっとだけピックアップを弦に近づけてセットしました。でもガチガチに近くセットしたわけでなく、ほんの気持ち程度近づけてみました。

 少しだけリズムが揺れているのはご愛嬌でご勘弁ください(笑)。もう少し練習してもうちょっとリズムよく弾けるように練習してみます。また、エディが演奏している映像を見ていると多少ポジションの取り方が違うようですね。

 エディって結構独特なポジション取りをするので結構コピーしていると面白いです。昔のプリティ・ウーマンのイントロのフレーズのポジションでも、なかなか彼のような指使いで弾く人はいないと思います。彼独自の感性(弦のトーンとかピッキングのクセなど)であのポジションを選択しているんだと思います。

関連記事
エレキギター