今日弦を張り替えるつもりでしたのでついでにピックアップのテストを行おうと思い、現在オールドPAFレリック加工中のセイモアダンカン製SH-1、59モデルを取り付けようとしましたが・・・。

 残念、やはり私のメインストラトには足が長すぎます。ギリギリまで位置を下げてもエスカッションから1㎝ぐらいせり上がっちゃって全然高いです。ふう、残念。

 こいつを載せることができれば古いダンカンカスタムも載せることができると思っていたのに、どちらもアウト。残念ながらピックアップテストはしばらく中止ですね。

 仕方がないので短足ベースプレートを調達して、SH-1はこれに付け替えてからテストですね。カスタムSH-5もベースプレートを付け替えてからテストです。或いはカスタムは新しいモデルをオークションあたりで調達するかのいずれかを検討中です。

 もう今どきはギブソン系のギターだけじゃなくていろんなギターにハムバッキングを載せるのですから、ピックアップメーカーには全てのモデルで短足ベースプレートに変更するか、選択できるようにするべきですね。ディマジオはたぶん全部そうなっていますし、セイモアダンカンもほとんどが短足になっていますが、ヴィンテージピックアップのコピーモデルだけは相変わらず長足ベースプレートのまま。

 ダンカンさん、どうか全部短足ベースプレートにして発売してくれるようにお願いします(ペコ)。

関連記事
ピックアップ