読んでおられる方はいまさら、って思われると思いますが(笑)、アンプシミュレーターを買うことにしました。昔から欲しかったLINE6のPOD XTです。

 もうだいぶ前に既に話題になっていたので、楽器屋で試奏したんですが、結構よくて欲しかったんですよね。宅録もよくしていましたからね。でもなんだかんだで結局買わずにそのまま。そしてようやく重い腰を上げたという次第ですね(笑)。

 きっかけは先日スタジオのマーシャルでギター弾いて気持ちよかったことですね。自宅でマーシャルをデカい音で鳴らすというのは無理でしょうけど、まあPODで鳴らすくらいならいいだろうと。なかなかPODの音はよくシミュレートされていますし、ギターアンプ一つ買うよりもPOD買う方がいろんなことができて家では楽しいんじゃないかと。

 それに私あんまりエフェクター使わないので、歪み系だけ、つまりアンプかアンプシミュレーターだけあれば結構十分なんですよね。あとはフェイズ90とディレイとコンプ、コーラスくらいがあればいいので、それくらいはPODについてますしね。全然問題なしです。

 今どきのシミュレート技術は本当に凄いものです。昔これとデジタルマルチトラックレコーダーがあれば宅録でバンバン遊んでいただろうなぁ(笑)。今の若い人達が本当に羨ましいですよ。

 購入はいつものネットオークションですね。最初は日本のヤフーオークションで買おうとしたのですが、値段が16千円超えまで行ってしまったので、最後の5分であきらめてイーベイでアメリカから買うことにしました。

 アメリカから買うと送料が高いのですが、でも送料込みでも13,500円くらい。まあPODは新品も中古も日本では高すぎです。間に入っている代理店、マージン取りすぎ。いわゆるヤナセ商法丸出しで、もう少し良心的な商売して欲しいですね。

 アメリカから買って困るのはマニュアルでしょうけど、まあこれも何とかなるでしょう。電源もアメリカのモノはそのまま使えませんが、日本で売っている電源を使えば事は足りるでしょう。

 届くのは10日程先になりそうですが、まあ楽しみなもんです。届いたらバンバンギターを弾いて遊ぼうっと(笑)。

関連記事
エレキギター