今日バンドの練習をする際に一緒にここのところ改造し続けていたストラトをスタジオに持って行って試し弾きしてみました。ピックアップはまだセイモアダンカンのJBが届いていないのでTバッカーのままです。
 
 スタジオにあるマーシャルにつないでみますと、おおっ、めちゃくちゃいい音しますやんか!チョット前にTバッカーの高さ調整を行って、弦にできるだけ近づけてみたんですね。そうすると十分なパワーもあって、とてもいいサウンド。

 もう昔のエディの音そのまま。シンクロナイズドなのでまさにデビュー直後のエディのサウンドです。やっぱりハード系のロックをやるならアンプはマーシャルだわね。うんうん。

 Tバッカー、いい音します、ホントに。せっかくJB買ったのに、なんか意味なかったなぁ・・・。こんないい音するのならTバッカーのままでいいじゃない、って思ってしまいましたね(笑)。なかなかこうやって大きな音でギターを鳴らす機会がないもので、以前のイメージだけでTバッカーのパワー不足とトーンの古くささを感じていましたが、なかなかどうして。

 ピッキングのニュアンスも素直に出ますし、アンプ直結で歪ませても十分パワーがあります。トーンも全く問題ないですね。

 まあでもせっかく買ったのでJBも試してみましょう。こっちの方がパワーに余裕がありますから、Tバッカーのように弦に相当近づけてセッティングしないとトーンが古くさくなってしまうということがないと思います。

関連記事
エレキギター