最近、なんかゼブラのピックアップが欲しいんです。もちろんハムバッキングですけど。

 なぜかと言えば、イングヴェイやジェフ・ベックのストラトを見ていて白いボディに白いピックガードもかっこいいな、って思いはじめたからなんです。

 昔はそんなこと一度も思ったことなかったし、白いボディに白いピックガードなんてダサっ、くらいにしか思ってなかったんですけどね・・。まあ心境の変化と言いますか、素直にイングヴェイのギターがカッコ良く見えてきたっていうのもありますかねぇ。

 で、ピックガードやピックアップカバー、ノブ類は白いのを買えばいいだけですから大した話じゃないんですが、問題はリアピックアップ。ピックガードに合わせてシングルに戻す、っていうアイデアもあるんですが、やっぱりハムの方が好きなんですよね。

 でも黒いハムはどうしても白いピックガードではルックスがいまいち。白いハムもいいんですが、白いハムってどうも見た目がいまいち。で、じゃあゼブラだったらどうよ、って考えてみると、ゼブラならなんとなくかっこいいかなぁ、と思った次第ですね。

 どうせそうやって大改造するのなら、なんかリアピックアップも完全ロック仕様にしたいな、と思っているわけです。オールドPAFタイプの古くっさーい渋い音が鳴るピックアップじゃなくってバーン、キーンと素直に鳴るようなピックアップ。

 イメージとしてはダンカンカスタムですね。あの音、ストレートでいいんですよね。パワフルで、それでいて綺麗に音が鳴るし。ハーモニックスもとても綺麗。なのでダンカンカスタムとかJBとかのゼブラがいいなぁなんて思っているわけです。

 黒ピックガードもずーっと大好きだったんですけど、なんか最近黒ピックガードじゃないのもいいなぁとふと思うようになったわけです。まあこれはまた気が向いたらの話。それほど「マスト」な作業じゃありません。

 ジャンボフレットにしてからいまいち慣れていないのか、若干の弾きにくさをこのギターには感じてきましたが、つい先日弦高を上げた方がストラトは弾き易いんじゃないのか?とふと思ってやってみると意外と良かったんですね。アールが強い指板なんだから、フラットな指板と同じような弦高のセッティングではダメなんでしょうね、きっと。

 なのでだいぶ新しいフレットにも慣れはじめてきましたね。ジャンボフレットとブラスサドルのおかげで何しろ弦の音が太くて大きい。慣れて弾き易いセッティングになってくればこいつの良いところが引き出せる気がしてきましたね。


 
関連記事
ピックアップ