先日ようやくメインストラトのフレット打ち替え作業が終わって、ジャンボフレットになった愛器を弾き込んでいるわけですが、うん、わかりましたよ。

 何がって、やっぱりこのギターが昔から弾きにくかった原因はネックにあったんだということがよく分かったのです。実はジャンボフレットにすれば多少弾きにくさが解消されるかな、と思ってフレット交換したのですが、結局のところ弾きにくさの原因はフレットにあったわけではなかったのです。

 このメインのストラトのネックは、70年代後半のモダンストラトをモデルにしているのかどうかは知りませんけれども、とにかく細い(ナット部分で幅40ミリ)、薄い、そしてストラト独自のキツい指板のアールという仕様なんですね。

 これが私にとってはどうにも弾きにくい。本当に昔から。ナット近くでコードを弾くときもネックが細くて薄すぎるので指同士が当たって隣の弦をミュートしちゃってどうにも弾きにくいんですよね。私はもう少し太くて、厚くて、アールのゆるいネックが好きなんですよね。理想は私のサブのストラトのネックや、昔のミュージックマンのEVHのネック。

 結局のところ、元々の仕様でこれだけ弾きにくい状況が揃っちゃうと、例え弾き易いジャンボフレットを打ったとしてもそれほど問題は解消されないってことが改めてわかっちゃったわけです。

 確かに前の細いフレットよりはマシです。チョーキングはずいぶん楽になりました。でも「うわっ、これメッチャ弾き易い!」と感動するものはゼロです。やはり指板はフラットな方が遙かに弾き易いです。とにかく指板のアールがキツいとチョーキングがやりにくいんですよね。弦が指から逃げていっちゃう。余分な力を入れないと上手くチョーキングできません。

 まあただ最近このジャンボフレットになってから、ストラトのチョーキングのやり方というものを少しだけ理解しました。つまりこのアールの強い指板でチョーキングを上手くするためには左手の肘をヘッド寄りに開くようにして、左手の指をハイフレット側に斜めにずらすようにすればいいとよいということを見つけました。

 でも本当はそんなめんどくさいコトしないで、手や指がどんな状態になっていようがスムースにチョーキングやビブラートがかけられればそっちの方が良いに決まっているんですよね(笑)。

 なんかこのストラトは何かにつけてネックが弾きにくいのですが、今までの私はそれを克服し、手懐けて思い通りに弾けるようになることを理想としていました。でも30年弾いてきて、フレットも打ち替えて、結局このネックが弾きにくいだけだということにようやく気がつきました。で、こんな弾きにくいネックにこっちがムリしてあわせる必要がないのではないかということも思い始めました。

 なので、今まで1弦のチョーキングがとにかくやりにくかったので、とうとう初めて1弦を08のゲージに落としました。もっと細くて弾きにくいかと思っていましたが、意外と弾き易く音も細くなりません。低音弦のゲージの太さもずっとキライだったので、今度弦を替えるときは08のセットに全部替えようと思っています。

 うん、やっぱり楽器は弾きやすいのが一番ですよ。弾きにくい楽器を職人技で上手に弾きこなそうなんて、ソンなの無駄な努力をしているだけです。弾き易い楽器を使って自分の意のままにプレイできることが一番ストレスもないし楽しいことじゃないかなぁと最近実感していますね。

 「弘法筆を選ばず」なんて諺がありますが、別に私は弘法法師になりたくもないし、そんな神のようにギターが上手いわけでもないんで、単純に自分が弾き易い楽器を使って弾けばいいんじゃないかと思うんですよね。

 このメインのストラトはこのままこのオリジナルのネックのままで使われるか、それとも将来ワーモスあたりでカスタムのネックを作って取り替えるか、まあまたいろいろ考えてみます。

 せっかく30年も付き合ってきた愛着あるギターですからね、これからもずっと楽しく弾いていく方法を考えてみたいですね。

関連記事
エレキギター