いまだにいろんなサイトを見ていますと、プロアマを含めてエレキギターのボディの鳴りをピックアップが拾ってアンプからのサウンドに影響しているように書いている方を多数見かけます。

 このサイトで何度か触れておりますように、これは理屈から考えて絶対ありえない話なんですが、なぜかもの凄くこの「都市伝説」のようなエレキギターのボディ鳴りの話を信じておられる方が多いんですよね。

 エレキギターがボディ鳴りを拾わない理由は、これまた何度も書いていますように通常のストラトやレスポールに使われているシングルやハムバッキングのピックアップは電磁誘導で音を拾う仕組みになっているからです。電磁誘導で音を拾うということはピックアップのすぐそばで磁界を乱すことができる金属の弦の音しか拾えないということを意味しているのです。だから木製のボディが弦の鳴りに共鳴して鳴っている音はピックアップでは拾えないのです。

 で、それでもボディ鳴りをピックアップが拾っていると信じて疑わない方がおられましたら、ぜひ一度でよいですから今から書く実験をしてみてください。もし弦を交換する機会がありましたら、一度クラシックギター用のナイロン弦を一本でよいですからギターに張ってアンプから音がするかどうか確かめてみてください。

 どうです?アンプから音鳴りますか?多分何も弦の音は聞こえませんよね?相当大きな音にすればもの凄ーく小さくですが音が鳴っている「かも」知れません。でもその音は金属弦の時と比べると聞こえないといってよいほどのレベルの音量ですよね。

 アンプから音は出ませんが、ボディは鳴っていますよね?逆にいうとボディ鳴りはしているのにピックアップは全くと言ってよいほどそのボディ鳴りの音など拾っていないのです。もしボディ鳴りをピックアップが拾っていると主張なさる方がおられるとすれば、この事実についてどう説明してくださるのでしょうか?

 ボディ鳴りをピックアップが拾っているのであれば、弦がスティールであれナイロンであれその素材にかかわらずボディが鳴らしている音を拾ってアンプから鳴らしてくれるはずですよね?そうならないのはなぜですか?単純に考えれば、ピックアップは金属製の弦の音しか拾っていないからというのがその理由ではないでしょうか?

 こんな簡単な実験をするだけでエレキギターのピックアップがボディ鳴りを拾っていないことは簡単に証明されるのです。ですからアンプから出てくる音に関して「ボディの鳴りがどうの」とか「ボディの鳴りが違うからアンプから出てくる音が違うのだ」とかいう理屈は全くカンケーないのです。

 ただ何度も書いていますように、ボディの材質によって「多少」弦の鳴りに影響を与えます。柔らかい素材であれば弦の鳴りを吸収してしまいますのでサスティンも短いし、音の立ち上がりも丸くなるでしょう。逆に固くて重い素材なら弦の振動を殺しませんからサスティンも長く、音の粒もはっきりしているでしょう。

 しかしそれは例えばバルサやコルクのような柔らかい素材とメイプルのように固い素材を比較した場合の極端な話です。エレキギターの弦を張って曲がらないような素材の木であれば、きっとアンプから出てくる音に影響を与えるほどの違いはないでしょう。もちろんソリッドボディとセミアコ、フルアコでは多少違ってきます。

 ソリッドボディは弦の振動を吸収しにくいですが、セミアコやフルアコはそもそもボディで弦の音を共鳴しやすく作ってありますので弦の振動をボディが吸収するようになっています。ですからソリッドボディと比べるとサスティンも短く、また音の立ち上がりもマイルドなはずです。これはギターの構造が全く違うのですから仕方のない話です。

 しかし同じストラト同士、レスポール同士であれば、素材の違いというものはアンプからの音にそれほど大きな違いをもたらすことはないはずです。まあ多分に気分的な違いくらいしか影響はないと思います。

 もしエレキギターのボディ鳴り神話を信じておられる方がいらっしゃいましたら、ぜひ上に書いたナイロン弦の実験をしてみてください。ボディの音をピックアップが拾っていないことがわかってきっと驚かれると思いますよ。

関連記事
エレキギター