明けましておめでとうございます。年末に頼んでおりましたシャーラーのロック式ペグですが、本日無事アメリカより到着致しました。関税、消費税も0円で助かります。

 早速に箱からペグを取り出しまして取付作業を行ってみました。で、取り付けた感じがこんな感じに仕上がりました。

 Lock Tuner1

Lock Tuner3

Lock Tuner4

Lock Tuner5

 思ったよりも裏側の厚みもなく、また重さも気になるほど重くなかったのでそのあたりはとても満足しています。チューニングはいたってラクですね。弦のロックもとても簡単にできます。

 取付作業そのものですが、これが私のギターの場合はとてもラク。実はトーカイの昔のSSシリーズのペグと今回買ったシャーラーのロックペグは取付に関して完全互換性がありまして、なんの加工をおこなう必要もなくただナットを回して取り替えればよいという最高に楽な交換作業でした。

 他のシャーラーのペグやフェンダーのペグなどは木ねじでペグを固定すると思いますが、このシャーラーのロック式ペグはネジの代わりにペグの裏側についたピン(出っ張り)でヘッドに固定されるようになっています。通常はそのピンのための穴をヘッドの裏側にドリルなどで開けなければならないのですが、このピンの位置、サイズがトーカイのペグと全く同じなのです。

 トーカイのペグは私が見たところフェンダーのものともシャーラーのものとも違うので、何をモデルにして作られたのかはわかりません。ただ出来は良かったし、ピンで固定されるという合理的な仕組みだったので個人的には好きでしたが、シャーラーと同じサイズだったのはとてもありがたかったですね。

 なのでトーカイの昔のSSシリーズをお持ちの方は是非このシャーラーのロックペグと交換してみてください。もしオリジナルのペグに戻したいと思っても全くギターに傷をつけることはありません。ああ、ただヘッドの表側から固定するナットのワッシャーがトーカイのものよりも大きいのでヘッドにワッシャーの傷は入っちゃうかも知れません。

 今回取り付けて気がつきましたけど、シャーラーのワッシャーってでっかいんですね。道理で昔のリッチーのストラトの写真ではペグのワッシャーが妙に大きかったわけだ。

 さて肝心のチューニングの面ですが、正直言ってしまいましょうか、ロックペグにしたからと言ってびっくりするほどトレモロを使ってもチューニングが狂わないわけではありません。ノーマルのペグよりも「ほんの少し」狂わないかなぁ、と言う程度です。

 もちろんナットの調整の問題とか、ストリングガイドの問題とかあると思いますが今のところはこんな感想です。ただ低音弦をチョーキングする際のチューニングの乱れはノーマルよりだいぶ良いように感じます。と言ってもフロイドローズと比べれば全くお話しにならないレベルですが。

 試しにストリングガイドから弦を外して弾いてみますとかなり狂わなくなります。そう考えてみますと如何にストリングガイドがナットの次くらいにチューニングのキープに影響を与えているのかがよくわかります。ストリングガイドを外して弾いてもそれほど音の違いは気にならないので当面この状態で弾き続けてみることにしましょう。

 なるほど、じゃあヘッドに角度が付いたPRSのようなギターにこのペグとトレモロをつけて弾いてもそれほどチューニングが狂わないのも納得しますね。ストリングガイドが要りませんもんね。もちろん私のギターと比べるとトレモロをフローティングにしているかどうかの違いもあるのだとは思いますが。

 まあステージで1-2曲くらいならチューニングしないでもなんとか弾いていけるくらいの状態にはなったかも知れません。家でコチョコチョ弾いている分にはだいぶラクになったように思います。様子を見ながらまたレポートしてみたいと思います。

関連記事
エレキギター