スティーブ・スミス

2007/08/25 Sat 14:51

 私がドラムを叩く際に目標としている好きなドラマーについて書いてみたいと思います。今回はとりあえず勝手に先生にしているドラマーの1人であるスティーブ・スミス先生について書いてみましょう。

 スティーブ・スミスと聞いて今の若い方々がどういうイメージを持つかはピンとこないのですが、スーパーテクニックを持っているジャズ・フュージョンドラマーと言うところでしょうか?まあ私たちの世代でスティーブ・スミスと聞けば先ず間違いなく「ジャーニーのドラマー」という答えが返ってくることが多いのではないでしょうか。

 ジャーニーといえば当時「産業ロック」と言われヒットは多く放つもののロックファンからは軟弱な音楽、ミュージシャンとして認識されていたことが多いのではないかと思います。私はロックであれジャズであれ基本的に明るくポップな曲が好きなので、ジャーニーは大好きなロックバンドの一つでした。

 高校生の頃でしょうか、私が育った田舎町でジャーニーやトトのフィルムコンサートがあり、そこでジャーニーのライブフィルムが流されました。その時スティーブスミスのドラムソロがあり、ツーバスを使った凄まじいまでのプレイに大きな衝撃を受けました。

 その後社会人になった頃に一度きちんとドラムを勉強してみようと思ってドラムの教則ビデオを買う際に迷わずスティーブ・スミスのビデオを買いました。それを最初に見たときの衝撃と言ったら・・。まあ一流のフュージョンやジャズ系のドラムプレイを間近で見たことがなかったという理由はあったのですが、それでも解説を受けながら見るスティーブ・スミスのプレイは凄いもので、それはとても1人でプレイしているとはにわかに信じがたいものでした。

 まるでドラムマシンにプログラムさせているかのようなダイナミクスとタッチの素晴らしさ。このビデオを見てからスティーブ・スミスのプレイに少しでも近づきたいと一生懸命練習したものです。もちろん今でも彼の足下にも及びませんが、彼のビデオから受けたインスパイアは私がドラムを叩く際に少なからぬ影響を与えています。

 スネアを買う際も彼がその教則ビデオで使っていたスネアに近いものが欲しいと思ってウッドの6-1/2のものを買いましたし、ツインペダルを使ったプレイをしたいと思うようになったのもこのビデオの影響です。

 そういう意味では今の私のドラムプレイに大きな影響を与えたスティーブ・スミスはまさに大先生を呼ぶにふさわしいプレーヤーだと今でも思っています。もしスティーブ・スミスのドラムプレイに触れてみたいと思われた方はこちらで見てください。このうちで特に面白いのはスティーブがバディ・リッチばりのハイハットプレイやスティックプレイを見せるもので、彼の技術の高さを改めて見せつけられるものです。
関連記事
好きなミュージシャン