長いこと更新されませんでしたが、水面下で着々とオールドPAFレプリカ計画は実行されていました(笑)。

 というのも、今やっている作業はほったらかしてサビをつけてエイジングさせているだけですから私が積極的に何かをするということは何もないのです。ただ日本の湿気の多い「梅雨」にエイジングを進めてもらっているだけ。でも本当に日本梅雨の湿気は凄いです。サビがどんどんピックアップを覆っていきます(笑)。

 さて、ということで現状を写真でご報告します。もう十分40年ものくらいのサビはついています。まずは正面から見た写真から。

pafrep5

 次は左右から見た写真。特にマグネットが見える側から見ると、マグネットから広がったサビが結構なものです。まるで血を流しているよう・・(笑)。

pafrep4

pafrep1

 裏から見たらこんな感じです。裏は比較的おとなしめのサビですね。

pafrep2

pafrep3

 私のT-バッカーをもう既に凌ぐ古いルックスです。なかなか渋く錆びてくれました。やはりサビをそれなりに自然につけていくには「時間」が大切ですね。あと一年くらい経てばとんでもなく古いものになっていそうな予感・・。

 そろそろ更なるエイジング作業をかねてギターに取り付け、サウンドチェックをするのもよいかも知れません。

関連記事
オールドPAFレプリカ計画