はい、とりあえずオールドPAFレプリカ計画は今回で一段落です。前回作ったベースプレートにダンカン59のボビンを移植して「新」オールドPAFレプリカは一旦の完成となります。

 できあがった写真はこの通り。まずは上から。当たり前ですが、ただのダンカン59と何ら変わりません(笑)。

pafrep1

 続いてはマグネット部分。ボビンの外にはみ出している部分です。このちょっとアバウトな仕上がりな磁石がとってもオールドPAFっぽいです。

pafrep2

 次は裏から。これは「最終仕上げ」をする前の状態ですね。

pafrep3

 そしてその「最終仕上げ」とは・・?これを忘れちゃモグリですね(笑)。ギブソンのピックアップは昔から、そして私のTバッカーもそうでしたが、ピックアップカバーが付いているのが標準。それを取り外せば半田の痕が残るのは当然ですから今回のレプリカにも半田痕を付けます。

pafrep4

 と、ここまでやって「新」オールドPAFレプリカの組み立ては終了。簡単です。あとはエイジング加工ですね。さてと、どうやっていこうかな・・・。まずは塩水かな(笑)。それとLマークを何とかしなきゃ・・。

 ちなみに、音は鳴りました。作業中の断線はなかったよう。よかった(笑)。

pafrep5

関連記事
オールドPAFレプリカ計画