オールドPAFレプリカ計画もトントンと進んでいきます。フェンダー化計画と比べれば手間が格段にかからずラクです(笑)。

 前回はPAFのデカールをベースプレートに貼りましたが、今回はその上にラッカーのオーバーコートを行い、更に若干のエイジド加工を行います。

 クリアラッカーを上塗りしてマスキングを剥がした状態がこんな感じです。木の上にラッカーを塗るのと違い、金属の上にラッカーを塗るのは下地がラッカーを吸い込まないのでとてもラクに厚みが出ます。

pafdecal2

 そしてラッカーを乾かして靴墨で色を付け、ラッカーの端を軽く爪でひっかいて使用感を出しますとこんな感じになります。

pafdecal3

 PAFのニセデカールには外側を金縁で縁取っているものが有るそうなのですが、なるほど、ラッカーが古くなって黄色くなってきますとベースプレートが光を反射する兼ね合いで確かに金色に見えます。

 ここまでできますと、後はボビンを新しいベースプレートに移植してどんどん使用感を出していく加工を進めていくことになります。

関連記事
オールドPAFレプリカ計画