ツインペダルの改造

2007/08/19 Sun 23:56

 最近ライブが多いんですよ。月に2-3回とか。そんなにしなくてもいいから練習しようよ!って感じもあるんですが、何しろメンバー全員がまっとうな社会人ですし、住んでいる場所も府県をまたいでバラバラですからおいそれと簡単に練習できません。

 まあそんなライヴに向けて先日練習をしたわけですが、最近ツインペダルのケースを買ったこともあり、練習では必ずツインペダルを使うことにしています。ライヴではその場所にあるドラムセットに合わせて叩く主義なのでスティックしか持っていかない事もあって、当然そういう場所ではツインペダルも使わないわけですが、とはいえやはりせっかく持っているんだから練習には使うことにしています。

 そのツインペダルですが、今まで左側のキックにもビーターを取り付ける部品が付いていたんですね。まあ特に困ることもなかったし、ヤマハの説明書にも確か外すような指示を書いていなかったと思うのでずーっとシングルで使っていた頃から外していなかったわけです。ところが先日の練習でちょっと左側のキックの場所をいつもと変えてみると大変踏みやすいことを発見。ところが先ほどのビーターを取り付ける部品がハイハットスタンドの脚に引っかかってペダルが返らないという問題がでてきたわけです。

 まあこれじゃあ困るし、余分な部品が付いていてもしょうがないか、っていうことでこれを外しました。結構キックを分解するのってめんどくさいもんですが、なんとか左側のビーター取付部を外すことに成功しました。これで次回の練習からもう少しましにセッティングできるのではないかと思っています。

 それからついでに以前から気になっていたビーターの角度も調整し、さらにバスドラのヘッドに当たる部分が左右のビーターであまりに違うことが気になっていたので、右側のビーターの位置をずらしてみました。また右側のペダルがあまり足についてこないのでよく調べてみるとスプリングが若干伸び気味だったのでこいつを交換しました。

 というわけで買って以来ほとんどいじることのなかったキックを、さあ約20年ぶりくらいに調整してみました。やはりいくらキックといっても時々調整してやらないといけませんわね。
関連記事
ドラム