ネットを見てますと懐かしい商品を見つけました。ESPの「フリッカー」です。何かといえばトレモロユニットです。昔高崎晃が使っていましたねぇ。高崎が使っていたヤツは「フリッカー1」と呼ぶのだそう。

 コレには私も想い出があります。このフリッカーのロック式のサドルだけ別売りしていて、私の白いストラトにも付けたことがあります。どうだったかって?いまの私のギターに付いていないことからご推察下さい(笑)。

 はっきり言っちゃいましょか?「こんなもん使えるか!」ですよ(笑)。コレは本当にひどい代物でしたね。今でも残骸が手元にありますが、本家フロイドローズと比べるとお話しにならないほどダメでした。実物の写真は後日アップしますね。

 まずフロイドローズのサドルのようにユニットのプレートに固定されておらず、通常のシンクロナイズドの駒のようにバネを使ってセットしてあるだけなので弦をロックしてアーミングすると、何と!駒がユニットから浮いちゃう(笑)!なんじゃそりゃ。ありえねぇだろ、こんなの。これじゃサスティンめちゃくちゃやん。

 そしてなんかわからないネジとか、ナットが付いていたりするのですが、使い方が全然わからない、というより全然使えない。オクターブ調整なんて至難の業。このサドルを当時使いこなせたユーザーがいたら教えて欲しいくらい。

 さらには駒自体が通常のダイキャスト製なので弱い、話にならないほど弱い。本家フロイドローズのサドルは浸炭焼入加工してあるのでちょっとやそっとで壊れたり傷が入る代物ではありませんが、このフリッカーのサドルは似て非なるまがい物。

 そのため何度かロックして使うと弦の跡がサドルに入り、そして内側のロック用の部品の形が歪むせいで動かなくなり、最後はロックするネジの締め付けのせいでサドル自体が壊れちゃいます!こんなのありえない!まるで何の知識も経験もない素人が作ったような代物。

 一言で言って「よくもまあ、こんなひどい詐欺みたいな商品作ったな。」というのが偽らざる感想。全く記憶に残っていませんが、それでも結構な値段がしたのでは?こんなもの発売前に実際に何度か使用すればESP内部でも「使えない」ということがわかっていたはずなのに、平気で市場に送り出す誠意の無さに呆れちゃいました。もしかして全然テストしないで市場に出したのかも知れませんね。ひどい商売ですよ。こんなもの今の時代に売り出してたらネットで叩かれまくり、クレームの嵐ですよ。

 だからその後ESPの商品については、どれほど宣伝で良いことが書いてあっても私が全く信用しなくなったのは当然の成り行きですかね・・。ところで今発売されているフリッカー3、なかなか良さそうな商品に見えますが、なにしろESP製ですからね・・。それに定価が3万円超!ちょっとね、考えて欲しいね・・。

関連記事
エレキギター