その2からの続きです。

 でも、現実は違うのです。エレキギターはバイオリンやアコースティックギターのようにボディ振動に関する高度な知識やノウハウを必要とするような代物ではありません。ただ単に金属製の弦の振動をピックアップが拾っている、それだけの夢もロマンも何もない仕組みの楽器なのです、残念ながら。そのようなことをメーカーはわかっているからこそ、ボディとネックとピックガードなどの部品をネジで留めて作るようなとんでもない「楽器」を平気で作ったりするのです。だってそれなりに組み立ててあればアンプから出てくる音にはほとんど影響ないからです。

 ボディの鳴りを云々論じるのであれば、ボディの形状があんないい加減であること自体おかしいと思うはずです。ボディの鳴りが音に影響するのであれば、有名メーカーがVやXの形をした木の板でギターを作るはずなどありません。もとよりソリッドボディの生音などアンプからのサウンドには何の影響もないのであのような形にしただけなのです。

 じゃあレスポールはなぜあのような形なのか?といえば、あのギターができた当時はまだまだフルアコやセミアコが全盛の時代でした。フルアコやセミアコは生楽器としての音も大切なので、それなりにアコースティックとしての品質も求められました。

 しかしレスポールは生音は思い切って捨ててアンプから出てくる音だけに注目したのです。アンプから出てくる音を良くするためには、ハウリングがおきにくいソリッドボディで、当然セットネックにしてできるだけしっかりと作った方が良い。つまり当時としてはアンプから出てくる音を良くするためだけに思い切り合理的に作られたギターだったのです。

 のちにPAFというハムバッキングを搭載したのも、単純にノイズ対策として合理的だったからでしょう。しかし合理的に作るだけじゃ面白みも何にもないので、多少暖かみのある生音がするマホガニーなどを使って作って、ボディの形はフルアコやバイオリンのような色気のある形にしてみよう、しかもボディトップはメイプルにして木の美しさを出そう、という感じだったのだろうと思います。

 ビンテージギターなどをありがたがって、その音を高く評価してみたい気持ちは良く分かります。でもどう考えてもビンテージギターのアンプからの音が良くなる科学的な根拠がないし、例えばビンテージストラトのピックアップアッセンブリーをそのまま新品のストラトに移植すれば、きっとアンプからの音は誰にも違いがわからないでしょう。なぜならピックアップこそがアンプからの音を決める最も大きな要素だからです。

 なんかエレキギターに対する「夢」を全否定するようなことを書いちゃいましたが、でも私はやっぱりエレキギターはステキだと思いますし、ピックアップなどで音が容易に変えられるからこそ面白い楽器だと思います。ピックアップさえ変えればビンテージの音やプロの音だってすぐに再現できるわけですし、そんな楽器はエレキギターくらいしかありません。

 そんなオモチャみたいな楽器でも、やっぱりテクニックや表現力の差というのはプレーヤーごとで明らかに表れるし、そういう面ではやっぱり技術を一生懸命磨くことは他の楽器と全く変わりません。そこが同じ電気楽器であるエレピやエレドラ、シンセサイザーと違うところで、だからこそ一生懸命練習する甲斐もありますし、弾いていて楽しいのです。

 また木でできた製品で規格も統一されていませんから、以前にもブログに書きましたように弦のサステインやトーンに与える影響にはどうしても個体差があります。確かにボディ鳴りはアンプからの音に全く影響ないのですが、ボディやフレット、ブリッジなどは弦自体の鳴りに少なからず影響を与えるのでその強度や材質、重量の違いで弦の音が変わる可能性があります。それもエレキギターの面白いところです。

 それほど好きな楽器ですが、しかしボディの鳴りをピックアップは絶対に拾いません(笑)。それと同一の材質であればオールドと新品のボディ材が弦鳴りに与える影響はほとんど無視できる差しかないでしょう。要するに多少の差はあったとしても、ピックアップから拾う音に影響を与えるほどのものではないし、ピックアップの違いほど劇的に影響をもたらすものではない、ということなのです。

 それとピックアップが最もサウンドに影響を与える部品であるからといっても、オールドPAFだけが最高であるという話はどうしても納得できません。なぜならオールドPAFが最高であるという合理的な理由がないからです。所詮鉄棒にワイヤー線を巻き付けて磁石を下に置いているだけの代物なのですから、オールドPAFだけが最高になりうるはずがないのです。それにそんなものはいつでも再現可能なはずですし、再現できなければウソです。オールドPAFには骨董以外とりたてて価値がないことは以前ブログに書いたとおりです。

 それより何より全てを超越してエレキのサウンドに影響を与えるのは各ギタリストの「テクニック」。これを無視しては何も語ることができません。ギタリストが左手の動きと右手のピッキングで鳴らした以上の音はどれほど良いピックアップを使って、どれほど良いアンプを使ったとしても絶対に出ないわけですから、ギタリストの「ウデ」がサウンドに最も大切であることは間違いありません。結局どんなフレット、ブリッジ、ピックアップ、アンプ、エフェクターを使っているとしても、それを生かすも殺すもギタリストの「ウデ」。これ以上大切なものはあり得ません。

 まあそのようにきちんと合理的な説明を伴った正しい知識と理解を持って自分の好きな楽器を弾けばより楽しくなるのではないでしょうか。私はそう思って「ビンテージギター神話」などを私なりにできるだけ冷静、客観的に分析しようと心がけています。

 でもこんな話がみなさんにわかっちゃうと困る人がたくさんいるんですよ、実際(笑)。だってビンテージギターには骨董品以外の価値がなくて、枯れたボディ鳴りがアンプからの音になんの影響もないなんてことが分かっちゃうとビンテージギターが高く売れないじゃないですか(笑)。単なる見た目の骨董品、美術品としての価値しかないことになると、「サウンド」という楽器としての付加価値が全くなくなっちゃうんで魅力が減るじゃないですか。

 まあどんな骨董品にも少なからずいろんな伝説や眉唾物の話がまとわりついているものですが、ビンテージギターの持つサウンドの素晴らしさ、って言う話もそのような話の一つだと思いますね。秀吉の何とか茶碗なんてぇのと一緒です。もちろん木の経年変化がありますからボディの生鳴りはオールドやビンテージの方が良いと思いますよ。ラッカーの方が生鳴りが良くなることもあり得るでしょう。それは事実じゃないでしょうか。まあ塗料については、音に影響を与えるのは材質よりも塗装の厚みだとは思いますが。

関連記事
ピックアップ