ゴトーのトレモロユニット

2012/04/29 Sun 23:17

 先日、シンクロナイズドトレモロのチューニングが狂う原因がナットだけにあるわけでない、とわかってから、早速ゴトーのトレモロユニットを購入してしまいました(笑)。これで期待したほどの効果が得られなければ、6点式のトレモロユニットは止めようかな、と思っています(笑)。

 ただ、フロイドローズはベタ付けがやりにくいし、やると弦高調整が不可能になるので、フロイドローズの採用は考えていません。きっと2点式のゴトーやウィルキンソンあたりのトレモロユニットになると思います(笑)

>>続きを読む・・・
エレキギター

ストラトVSレスポール

2012/04/29 Sun 03:14

 ストラトvsレスポール・・・、今まで何十年間同じテーマで議論が繰り返されてきています。

 答えから言えば、楽器なんて趣味の世界の話なので、別にどっちでもいい、ということですね(笑)。上手く、いい音で弾けるのなら、ストラトだろうが、レスポールだろうが、なんでもいいんじゃないかと思いますね。

 世の中には「ストラトは弾き手を選ぶ楽器。きちんとしたテクニックを持った人じゃないと弾きこなせない」とおっしゃる方も少なくないですが、これも単純に音と弾きやすさに対する感覚は人それぞれですからね。上手い下手の問題じゃないと思います。

>>続きを読む・・・
エレキギター
 今日ギターを弾いていてやっとわかった・・・。シンクロのチューニングが狂う理由はナットだけじゃない、ということが(笑)。

 以前から気になっていたんで、ちょっと実験してみたんです。通常チョーキングをかけると弦のピッチが少しだけ下がり、アームをかけると元の高さに戻ります。もし、その原因がナットの滑りにあるのなら、チョーキングをかけて弦のピッチが下がれば、ナットとペグの間の弦のピッチは上がり、そしてその状態でアームをかけて弦のピッチを元に戻れば、ナットとペグの間の弦のピッチは下がるはずなのです。

>>続きを読む・・・
エレキギター

デイヴとサミー

2012/04/07 Sat 19:10

 ヴァン・ヘイレンにはボーカリストが2人(正確にはゲイリー・シェローンを入れた3人)在籍していたわけですが、最近デイヴが復活してからのアルバムを発売し、ライブもおこなっています。

 で、そのCDを買って聴いたり、ライヴビデオをユーチューブで見ていたりしますと、あらためてこの2人のボーカリストの違いというのがよくわかりますねぇ。私が元々猛烈なデイヴファンだったわけですが、最近のライヴなどを見ていると、サミーの良さというものを不思議と感じたりもしてきました。

>>続きを読む・・・
ヴァン・ヘイレン
 先日のブログで、ストラトのナットに塗るグリスを買ってきた話を書きましたが、先日はそのギターを持ってバンドの練習に行ってきました。

 グリスの効果ですが、素晴らしい!本当に素晴らしいの一言です。2時間の練習でしたが、その間チューニングはほとんど不要。練習の真ん中くらいで念のためにチューニングしてみましたが、ほとんど狂ってませんでした。フロイドローズ並みに優秀です。

>>続きを読む・・・
エレキギター
 | HOME |