スタンリー・ジョーダン、皆さんもうお忘れでしょうかね?お若い方だと「誰それ?」って感じかも知れませんね。かれは80年代に突如として現れたスーパージャズギタリストです。

 何がスーパーかって?うん、それは映像を見るのが一番的確に伝わりますのでまずはこちらをご覧ください。

>>続きを読む・・・
未分類

ジョー・パスの演奏など

2010/07/29 Thu 15:04

 ジョー・パスも私の好きなジャズギタリストの一人ですね。特に彼が一人で演奏しているのはとてもムードがあって良いです。

 フレーズは確かにワンパターンなところもあるかも知れませんが、ジャズギターの美味しいところが全てはいっているような演奏です。

 いつかは彼のような演奏ができるようになりたい・・、ロックもブルースもジャズも弾ける、そうなれば私のギタリストとしてのキャリアはようやく完成を迎えるかも・・(笑)。

>>続きを読む・・・
好きなミュージシャン
 今日は大好きなジョージベンソンの演奏など。

 ずっと以前(30年近く前かな)にテレビで彼の演奏を見たときに「ああ、上手なジャズギタリストだなぁ」という漠然とした感想は持っていたのですが、つい先日彼のその頃のライブがNHKのBSか何かで放送されていてぶっ飛びましたね。こんなに上手いギタリストだったのか、と。

 彼の何が凄いって、まず正確無比。そして多分全ての音をピッキングで鳴らしています、どんな早いフレーズでも。この失敗しないこと、そしてこれだけ綺麗にピッキングで音を鳴らすことができる人はあまり知らなかったものですから久しぶりに見てとても驚きました。

>>続きを読む・・・
好きなミュージシャン
 さて次は長年の懸念だった②のフロイドユニットの取付ネジ周りのボディの修理。これは本当に頭を悩ませたところで、これのおかげでチューニングも不安定になるし、フロイドローズの動きも悪くなるし、とちょっと問題を抱えていました。

 で木工用ボンドではもう修理が無理ということを悟ったので、ネックの取付穴を直したのと同じように今回はエポキシ接着剤で強力に直すことにしました。まずフロイドローズ取り付け用のネジを外し、次にボディの剥がれた部分をラジオペンチで引っこ抜き、そこへ接着剤を塗りたくります。

>>続きを読む・・・
エレキギター
 フロイドローズ付きのストラトの調子が最近あまり良くなかったのでここ一週間くらいバラしていろいろとやっていました。

 まず何が悪かったかと言えば、以前からあったトラブルなのですが、トレモロユニットの一弦側のネジがナット向きに傾いていたことが挙げられます。これはアームをつけたまま床にギターを置いたりする際にボディよりもアームが先に床に付くため、その衝撃でトレモロユニットを支えていたネジが刺さっている前の部分の木が剥がれちゃったからなんです。

>>続きを読む・・・
エレキギター
 前回のブログで少し予告していましたとおり、とうとうフレット打ち替えにまで手を伸ばすことにしました(笑)。

 とりあえず実験台としてフロイドローズ付きストラトの1フレットを打ち替えます。本当は2フレットも打ち替えないといけないのですがまだフレットが見つかってません(笑)。ただ昔からの道具箱に1本だけフレットが転がっていたのでこれを使って1フレットのみ打ち替えてみることにしました。

>>続きを読む・・・
エレキギター
 最近は思い立ったらすぐにギターを改造していますが、今日はフェンダー化されたトーカイの改造です。

 私のギターには結構「ああしてみたい、こうしてみたい」という希望や問題点の改善がありまして、今回は以前から(といってももう30年近くになりますが)気になっていたピックアップの配線変更を行いました。

 以前このブログにも書いたかも知れませんが、私はこのギターのフロントピックアップの音がどーも太くて好きじゃないのです。で逆にセンターの音は大好きなので、これを入れ替える作業を行います。それからフロントとセンターのホットとアースが逆になっていると思われるのでこれも修正します。

>>続きを読む・・・
ピックアップ
 長いこと更新されませんでしたが、水面下で着々とオールドPAFレプリカ計画は実行されていました(笑)。

 というのも、今やっている作業はほったらかしてサビをつけてエイジングさせているだけですから私が積極的に何かをするということは何もないのです。ただ日本の湿気の多い「梅雨」にエイジングを進めてもらっているだけ。でも本当に日本梅雨の湿気は凄いです。サビがどんどんピックアップを覆っていきます(笑)。

>>続きを読む・・・
オールドPAFレプリカ計画
 本当にずーっと昔からやってみたかったことがあるんですね。それはフロイドローズがついているギターのトレモロユニット部分のザグリです。

 フロイドを使っている方ならお気づきかも知れませんが、フロイドローズはそのユニットを止めてあるスタッドより前の部分はアームを下げるとスタッドの支点より下に降りてしまいます。なので弦高を低くセットしようとするとこのスタッドより前の部分がボディに当たっちゃうんですね。

>>続きを読む・・・
エレキギター
 | HOME |