神を見ました・・。

2009/11/25 Wed 00:28

 今日は大阪のビルボードライブにオズ・ノイのバンドを見に行きました。私自身ギタリストでもありますが、オズ・ノイという人は知らず、YouTubeで見てもなんだかよくわかんない感じが正直でした。しかし私の目的はオズ・ノイが見たいのではなく、このバンドにいるデイヴ・ウェックルを見たかったんですね。

 10年ほど前からその繊細なテクニックに驚嘆していましたので、ぜひ生音でドラムを聴いてみたいと思っていました。正直今日のライブは凄かったです。ジャズ、フュージョン系のドラマーはびっくりするくらい上手な人が多いですが、多分その中でもデイヴ・ウェックルは光っている存在だと思います。

 オズ・ノイのバンドですから、当然メインはオズ・ノイです。デイヴもサポートですから比較的地味にたたくのかなぁ、と思っていましたが、実際はとても自由にプレイしていました。オズ・ノイのギタープレイは、やはり生で見ても私の好みではなく、アラン・ホールズワースぽいと言うか、ジェフ・ベックのテクニックをもっと高度にして変態的にしたみたいといったらいいのか、あるいは布袋のようなトリッキーなエフェクタープレイと言ったらいいのか、とにかくかなり変わっています。

 サンプリングを使って一人で多重プレイなどをするのですが、私は個人的にこういったトリッキーなプレイは好きじゃありません。ライブの前半はこういったギタープレイが多く、ちょっと食傷気味でした。ただ中盤以降はこういったトリッキープレイが減り、比較的ストレートに一つのギターサウンドだけでプレイすることが多かったので、彼のテクニックの多彩さと表現の豊かさ、そして確かなテクニックを存分に見せ付けてくれました。

 しかしそれよりも私はデイヴばかり見ていました。正直言ってオズ・ノイがどんなギタープレイをしていたのかはほとんど見ていませんでした。というよりも、オズ・ノイのギターを聴いていると、あまりに突拍子もないフレーズだらけなので曲が訳わかんなくなっちゃいます。ところがドラムとベースだけを聞いていると比較的オーソドックスなジャズやブルースがベースになっているので曲そのものはオーソドックスな構成であることがよく分かってとても楽しめました。

 まあ、それよりも何よりも、デイヴ・ウェックル凄いです。全般的に自由にプレイして随所に凄いプレイが炸裂していましたが、2-3曲目あたりのスピーディーな曲のプレイやアンコール前の最後の曲で見せたドラムソロは、これはもうただただ唖然としか言いようがありません。見事なまでに崩れないリズムキープ、それでいて奔放でいて粒のそろったトーンと、あふれ出るフレーズ、そして素晴らしいダイナミクス。もう完璧でした。あれほど上手に、綺麗に、そしてパワフルにドラムを叩く人間がこの世にいるのだと分かっただけでも素晴らしい発見でした。

 一緒にプレイしていたジェームズ・ジナスというベーシストもデイヴと一緒に素晴らしいグルーヴを作っていました。比較的シンプルにプレイする人ですがベーシストの鏡というようなシュアなプレイでデイヴとオズ・ノイを見事にサポートしていました。彼の才能の素晴らしさを十分に感じさせる素晴らしいプレイだったと思います。

 本当に今日のライヴはステージにいる3人の個性と魅力が存分に発揮された素晴らしいライヴだったと思います。まあ、ほんとにちょっとだけオズ・ノイのギタープレイが私好みでなかったという点だけ差し引けば最高のライブでしたね。

 本当に素晴らしいものを見ました。
好きなミュージシャン

練習、ツインペダルの話

2009/11/24 Tue 02:16

 タム回し、一生懸命毎日やってます。毎日1-2時間くらい練習してるかなぁ。おかげでだいぶコツを掴んできましたよ。今にして思えばよくこの練習をしないで今までスタジオやライブで叩いていたものだな、と思いますね。タム回しの練習こそ家でやんなきゃダメですよね。

 いまはサイレントドラムでいいのがいっぱいありますから、最近の若い方々はどうりで上手に叩けるはずだなと思います。私も若い人達に負けないように一生懸命頑張って練習します。やっぱりおっさんはオッサンなりにうまくないとかっこわるいですからね。

 さてそれとツインペダルの話。昔ながらにドラムを叩いている私たちくらいの年代の人にとって、ツインペダルはツーバスの省略版というイメージのようで、そのため音楽的にもヘビメタ、ハードロック系の人間が使うもの、というイメージがあるようです。

 なので同年代のドラマーと話をしていて「ツインペダル使わないんですか?」と訊くと、「いやー、ツインペダルを使うような音楽じゃないから・・。」という答えが返ってくることが多いんですね。でも今の時代、ツインペダルはプロのドラマーにとってはジャンルを問わず必需品のようになっていますよね。

 例えばツインペダルがなかった頃はシングルだったけれども今はツインペダルを使っているベテランドラマーって結構多いですよね。スティーブ・ガッド、スチュワート・コープランドなんかそうですし、デニス・チェンバース、ヴィニー・カリウタ、デイヴ・ウェックル、スティーブ・スミスなどはバリバリ使ってますよね。当然神保彰や則竹裕之も使ってますし、もはやフュージョン系ドラマーにとっては全世界的に必須アイテムとなってますよね。

 やっぱりツインペダルって使いやすいんですよね。サウンド的にもバスドラが出過ぎませんしね。で、ルックス的にもヘビメタっぽいツーバスト違ってちょっと洗練された雰囲気がありますしね。多分先ほどのベテランドラマー達もツーバスだったらめんどくさいしダサイけど、ツインペダルなら簡単だしセッティングも変わらないし、ルックスも一見コンサバなドラムって感じがするのでオーケー、ってところがあったんじゃないですかね。

 だから皆さんも普通にツインペダルを使ったどうですかね?歌ものだからツインは、とか静かなジャズだからツインは、って関係ないですよ。フュージョン系のドラマーのプレイをYoutubeのビデオなどでじっくり研究するとツインペダルを使った素敵なフレーズって結構あるものですよ。

 だって今やスティーブ・ガッドでも使うツインペダルですよ。彼を神のように崇めて慕ってきた我々の世代以上のドラマーだってもはや使わない言い訳はないでしょう?使ってみれば便利なものですよ、ホントに。

 まあもちろんライブなどではペダルを二つ持ち歩くのがめんどくさいし、別にシングルペダルで困ることもほとんど無いでしょうから敢えてシングルにしているという方も多いとは思いますが。まあでも毛嫌いせずに一度トライしてみてくださいよ。結構プレイの幅が広がりますよ。
ドラムテクニック

タム回し練習

2009/11/20 Fri 19:20

 先日もこのブログに書きましたように、今更というか、本当に何と言うか、タム回しの練習を初めてやっています。もちろん凄い初心者の頃にやったとは思うのですが、きちんと行った記憶がありません。そのせいだと思いますが、フロアからタムに上がっていくようなタム回しや、ジャズ系のドラマーがよくやるスネアとフロアを素速く往復させるようなフレーズが叩けなかったんですね。

 で、練習していて当然疑問がでてくるわけです。例えばフロアとスネアを往復させるフレーズで右手から始めてスネア→フロアと4つずつ打ちながら動かすとすればスネアもフロアも右手から始まるからこれは楽です。しかしフロアからスネアに戻るときが問題なんですね。フロアの最後の4つ目は左手で叩くわけですが、次に右手でスネアの1つ目を打たないといけない。そんなの無理じゃないかと。スティックや手が当たっちゃうじゃないかと。

 上手な方から見れば「何言ってんの、それくらいのことで」って思うでしょうが、コツを知らない人間から見ればこれは神業に思えるわけです(笑)。ま、ちょっとインターネットで調べてみるとコツは書いてありました。要するに理屈としては普通にスネアだけを叩いているような手首のポジションで腕全体を動かせば、スティックは普段通りに上下しているだけですからお互いに当たることはないんですね。

 理屈はなるほど、よくわかりました。実際にやってみてもなるほどコツはよくわかりました。確かにこうやればよほど離れたところを叩くのでなければスティックや手が当たることはないわけですね。ふむふむ。あとはひたすら慣れてスムーズにできるようになるだけですね。

 本当に今更ながらの基礎練習です。でもこれをマスターすればドラムのプレイレベルはグッと上がるような気がしますね。マーチでスネアを叩くのならいざ知らず、ドラムセットを叩くのであれば腕の移動が必ず伴いますもんね。そりゃあその練習をしなきゃドラムセットが上手に叩けないのは当たり前ですわね。

 頑張って練習します。ライブがどんどん詰まっているんです、恥ずかしいステージはもうできません(笑)。
ドラム練習

新しい練習!

2009/11/19 Thu 18:41

 最近練習やライブで自分が叩くドラムのリズムがどうも気になっていて、家ではパッドをきちんと叩けるのに何でだろうなぁ、と思いながら、ふと日々の練習でもの凄く基本的に欠陥があることに気が付きました。

 それは「ドラムセットを叩いていないこと」。というのも日々の練習ではパッドは一つとキックですからどんなフレーズを叩いても叩くパッドは一つなんですね。ところが実際にセットを叩くとハイハットあり、タムあり、シンバルあり、と手は様々に動くわけです。

 なるほど、この手の動きに慣れていないと実際にセットを叩いたときに手がもたもたするのは当たり前。うーん、今までなんだかんだと20年くらいドラムを叩いてきていたのに、こんな基本的なことに気が付かなかったなんて(笑)。

 ということで家での練習もパッドを増やしてタム回しのような練習を行うことにしました。こんなことを今頃やるなんて、って気もしますが、こういう練習をしていないとセットがうまく叩けないのは当たり前。

 恥ずかしながらタム回し練習の重要さを認識して一生懸命やっています、ハイ。
ドラム練習
 | HOME |