最近の練習内容

2008/06/23 Mon 23:43

 最近よく練習をするようになりました。やはりこの頃はアマチュアといってもプロ並みに上手い方も沢山おられるので刺激を受けますね。バンドに関して言えばドラムが上手くなれば他の楽器も合わせ易くなり、演奏は自ずと上手くなりますのでやはりドラムはどれだけ練習しても終わりはありません。特に私のように上手くないという自覚がある場合はなおさら練習しなければいけませんね。

 さてところでどんな練習をしているのかといえば、もうメトロノームを鳴らしながらの基本練習ばっかり。昔ジャズドラマーの影響もあってロールばっかり練習していたものですから、ついつい速いフレーズもロールやパラディドルでごまかす癖がついちゃっているんですね。でもそれは所詮ごまかしだな、という自覚が昔からあって、いつかきちんとシングルを練習しようと思っていたのです。ということで今一生懸命練習しているのは一つ打ちを速く正確に粒を揃えて叩けるようになること。まあ基本中の基本ですものね。これができなきゃどうすんの、ってところをはしょって今までやってきたのですからいい加減なものです(笑)。

 それからせっかくバスドラパッドがありますのでやはりキックの練習は欠かせません。シングルとツインペダルをこれまた基礎からみっちりと練習しています。手がいくら上手に叩けても足がリズムに乗ってないとどうしても下手くそになっちゃいますからね。また最近一生懸命なのがオープンドラミング。これは効率よくドラムを叩くためという理由もありますし、また右でも左でも自在にリズムを叩けるようになるためという理由もありますし、左手の自由度を高めるという目的もありますが、私の場合は腰痛防止のため(笑)。右手でハイハットを叩く姿勢ってどうしても体が歪むんですよね。ハイハットを高くすればよいのかも知れませんが、それは叩きにくくていやなんです。そういうわけでその姿勢が当然腰にも良いわけが無く、腰痛を防止するためにもオープンドラミングで無理な姿勢をしなくてもドラムを叩けるようになりたいという願望があるわけです。でもセットを叩くとどうしても左手でハイハットを叩くタッチと右手でスネアを叩くタッチがしっくりこなくてまだまだ実用のレベルではありません。

 でも今まで普通にやっていたことを左右逆で行うことは結構面白いもので、実際オープンドラミングの練習を長いことやっていると右手と左手の感覚が脳でおかしくなっちゃうようで、練習のあとでパソコンのキーボードを叩くと左手が右手でである錯覚を感じていることに気付きます。きっと脳の中で左手が利き手であるかのように勘違いしちゃうんでしょうね。

 まあそんなこんなでこんな練習を最近は一生懸命やっています。まだまだ満足できるレベルのドラミングではないので頑張って練習しています。
ドラム練習
 | HOME |