ヴァン・ヘイレン関連のサイトやユーチューブでデイヴが復帰したバンドのリハーサル風景などが動画で配信されています。それを見ていると昔デイヴが在籍していたときよりはずいぶん演奏も歌も丁寧になったな、と感じます。

 しかし私が以前から危惧していたように、このバンドは22年前の状態でタイムトンネルに乗ってこの2007年にやってきたようなものなのです。曲は当然1984アルバムまでのものだけで、それ以降サミーと一緒にバンドが作った曲は多分ほとんど、或いは全く演奏されないはずです。となればこのバンドをサミー時代のファンが見に来るでしょうか?そりゃあ来ませんよね。じゃあ誰が来るのか?それは化石みたいに22年前の姿をとどめているバンドを見たいと思う当時の若者だけに限られちゃうんですね。

 その当時20歳だった人(つまり私とほぼ同い年)は今42歳です。そんな連中ばかりがまるで同窓会にでも参加するような感覚でコンサートに来るわけです。そう考えるとバンドも随分と大きな賭けに出たものです。最近の22年間の中心であったサミー時代のファンを全て切り捨てるつもりでツアーをしようとしているわけです。これはバンドの商業上はかなり大きなリスクをはらんでいると言わざるを得ませんね。「ホントにそんなのでイイの?」ってバンドに訊きたくなるほどの大懐メロ大会。

 案の定ツアーチケットの売れ行きは最初のステージは売り切れであるものの、それ以外のステージはほとんどが売れ残っています。もうステージまで10日もないっていうのにですよ。だからこそ一生懸命ユーチューブなどでリハーサル風景まで公開しているのでしょうね。もうツアーチケットを売るのに必死のパッチです。でも多分チケットは売れ残るでしょう、だって40歳以上がメインのターゲットだからです。そりゃいくらアメリカでも売れません。

 このままツアーが開始して、ほとんどのホールやアリーナで空席が目立つようだときっと今回のデイヴ復活劇はこのツアーだけで終了してしまうでしょうね。だって彼らは金だけが目的で再結成しているわけですからね。このツアーで金が稼げなければ、次に行われる予定だったであろうアルバムの発表や世界ツアーなどは軽くキャンセルされるでしょう。

 チケットの売れ行きやなんとなく雰囲気を読んでいると、今回のバンドの復活劇は失敗に終わりそうな気がしますね。一体どれほど多くの人たちが22年前にケンカ別れをしたバンドの、その当時のままの姿を見たいと思っているでしょうか。本当はツアーに先駆けてミニアルバムでも作って新曲を披露すべきだったのです。そうすればサミー時代のファンも見に来てくれるかも知れませんが、ステージで演奏される曲が最新でも23年前の曲だなんて、一体今の若いファンにどうしろというのでしょうか?自分が生まれる前の曲を一生懸命覚えてからコンサートに行かなきゃいけない?若いファンがそんなバカバカしいことをするわけありませんよね?だって彼らは明らかにサミーがいた頃のバンドが好きだったんですもの。

 アルバムに先駆けてツアーをするあたりに明らかに様子見をしようというバンドの狙いが透けて見えるわけです。つまり「本気でやっているわけではない」という意図がですね。このツアーで思った以上に反応があればアルバムでも作ろうか、と。でもアルバムを作っても売れないのであればとてつもなく無駄な金を注ぐことになるので、そんなリスクの高いことをする前にまず昔の曲だけでツアーをしてファンの反応を確かめよう、と。

 まあせこいんですよね、アイデアが。バンドが演奏する曲だってほとんどがデイヴがソロ時代末期に演奏していたものと同じで、まるでバンドがデイヴに乗っ取られた形であることがよく分かります。私はデイヴもヴァン・ヘイレンも大好きでしたが、正直言ってデイヴがバンドに復活するには7-8年ほど遅すぎたと思います。本気で再結成するつもりがないのがありありだし、昔演奏し慣れた曲ばかりを今再び演奏するなんて安易すぎますものね。

 このツアーがどういう結果になるのかはもちろんまだ分かりませんが、大転けして再びバンドが空中分解状態に入ってしまいそうな気がなんとなくしますね。私はかつてデイヴがいた頃のヴァン・ヘイレンの大ファンだっただけに、今回の復活劇を複雑な気持ちで眺めているのが正直な気持ちです。7-8年前ならきっとデイヴの復活を大歓迎したでしょう。しかし今では「それがどうしたの?」くらいにしか実は感じていないのです。私にとってそれほど最近の7-8年の違いは大きいのです。きっとアメリカのファンにもそういう人たちが意外と多いからチケットの売れ行きが悪いんじゃないかと思っている今日この頃です。
ヴァン・ヘイレン
 今私は70年代あたりのハードロックの曲を中心としたコピーバンドでいろいろなライブに出演しているのですが、やはりハードロックってある特定の層にしか受けないんですよね。

 私自身は確かにこういった70年代のロックって好きなんですが、ただ実際問題として人前で演奏するのであればもっと一般ウケしそうな曲でやりたいんですよね。やっぱり人前で演奏するのならより多くの人に見に来て欲しいし、その人達に楽しんでもらいたいし、そして何より私自身がお客に受ける曲を演奏している方が楽しいからです。

 じゃあどんな曲を具体的に演奏したいのかといえば、70年代後半から80年代あたりの洋楽ポップスが良いですね。洋楽がMTVなどで幅を利かせていた時代に誰もが一度は耳にしたことがあるような楽しい音楽を中心としてですね。例えば、

「君の瞳に恋してる」(ボーイズタウンギャング)
「アイム・セクシー」(ロッド・スチュワート)
「グリースのテーマ」(オリビア・ニュートンジョン、ジョン・トラボルタ)
「ザナドゥ」(オリビア・ニュートンジョン)
「キス・オン・マイ・リスト」などのホールアンドオーツのヒット曲
・・・、なんて感じの曲ですね。私こんな曲が大好きなんですよね。だって音楽って単純に楽しい方がイイじゃないですか。耳あたりが良く、キャッチーなフレーズで覚えやすいメロディ。

 ねぇ、まあ誰でも昔はカッコつけて「オレはこんな音楽にこだわりを持ってる。それ以外は眼中にもないぜ!」みたいなセリフを吐いたことがあると思うのですが、そんなのどーでもイイですね(笑)。たかが音楽なんかに変にこだわってもしょーがないんですよ、はっきり言って。演奏にこだわるのはミュージシャンとしては当然ですが、曲は自分がイイなぁと思えるもので、しかも聞いている人もハッピーにさせるものがあればそれでいいじゃないですか、難しいことを考えなくても。

 或いは個人的に大好きなEarth, Wind & Fireなんかのファンキーなバンドもイイですね。もうこれは絶対ウケるはずだとおもいますね。ただアースをやるのならドラムはそれほどでもないですが、他のメンバー、つまりホーンセクションやベース、ボーカルにかなりレベルの高い人たちがいないとどうしようもないというのがありますね。

 それともう一つは全くプレイしたことはないのですが、ぜひ一度ビッグバンドでドラムを叩いてみたいですね。死ぬほど練習しなければなりませんがそれでもぜひやってみたいですね。

 最近いろんなステージで一緒に演奏するバンドなどを見てると、ビートルズのコピーバンドや何とかのコピーバンドなんかによく出くわすのですが、やっぱりビートルズなんかイイですよ。だって聞いてて単純に楽しいですもの。

 お客を楽しませるためにはギターの速弾きや激しいドラムなんて要らないんですよね。そんなことよりもっと単純に曲が楽しいかどうか、そっちの方が大事なんですよね。楽器のテクニックなんて、要はそういう楽しい音楽を本当に楽しそうに演奏できるかどうかというところに生かされるべきで、ハードロックのように技術を見せつけるような音楽ってやっぱり聞いててしんどいし、見ていて疲れるんですよね。

 上記のような楽しそうな曲を中心に演奏しているバンドの方々、もしドラムに空きがあるのならどうか私を拾って下さい、一生懸命練習して必ずお役に立ちます(笑)。連絡お待ちしています。年齢はオジさん程度、活動場所は阪神間あたりが嬉しいです。

バンド活動
 この2,3日あたりからちょっと本格的にレギュラーグリップの練習を始めました。まあこの年で新しいことに挑戦するというのは脳のためにもいいことですし(笑)、結構レギュラーグリップ自体面白いものなので修得してもイイかな、というのもありますね。

 なぜ20年近くもマッチドばかりでやってきていて今更レギュラーなのかというのは確かにあるのですが、やはり有名ジャズ系ドラマー達がみんなレギュラーであるというのがありますかねぇ。最初にレギュラーグリップってイイなぁ、と思ったのはスティーブ・スミスの教則ビデオを見ていてですね。

 スティーブの技を真似しようとするのですが、スティーブのように上手くスネアのアクセントができないんですね。何でだろうとずっと悩んだ末、「ああきっとこれはグリップの違いによるんだな」と何となく思ったものです。つまりマッチドだとどうしても左手がスネアを叩く力が強くなってしまいものすごく小さな音って出し難いんですね。ところがレギュラーだと左手はスティックを下から支えているもんですから優しくスネアの打面に「置く」ように叩くことができるんですよね。それできっと左手のアクセントが微妙につけられるのだろうと結論づけていたわけです。

 まあそれもありますし、やはりジャズ系の人たちがいまだにレギュラーグリップを使っているところにレギュラー独特のニュアンスというものがあるのではないかとも思いますし、それ以外に見た目がなんとなく単純にかっこいいというのもありますね(笑)。

 オープンドラミングを目指している私としてはマッチドの方が理にかなっている気もするのですが、とりあえず何事も経験が大切。レギュラーを今までやったことがないのですからやってみなければ良いも悪いも分かりませんからねぇ。

 とりあえずマッチドと同じくらいのレベルでロールができるようになれば実用上問題はなさそうですので、それを目指してがんばります!できるようになったら早速練習やステージで披露しようっと。
ドラムテクニック

ドラムのセッティング

2007/09/06 Thu 01:07

 スタジオなどで練習をしていると、いかにドラムのセッティングが千差万別であるかということが凄く分かりますよね。イスの高い人、タムの高い人、低い人、シンバル・ハイハットの高い人、低い人・・。

 私は男性の中では小柄な部類に入りますので、大抵スタジオに入って前の人のドラムセッティングを見ると全てが私には高めにセットされています。で、まずイスを下げ、スネアスタンドを下げ、次にハイハットを思いっきり下まで下ろし、これらに合わせてタムを調整していきますが、そうすると大体全てのセットが低めにセットされます。

 最後にシンバル類のセットになりますが、私はオーソドックスなロックのパターン、つまりジャズのセッティングのようにライドが体の前にあるのではなく体の横、つまりフロアタムの上あたりにあるのが好きです。しかも私はライドをジャンジャン鳴らしたいのでかなり低く、しかも床と平行くらいにセットします。高い位置にライドがあるとスティックの腹で叩き難いんですよね。音もショボくなりますし。

 残りのクラッシュもなるべく低くセットします。理由は高い位置にあると手を振り回さないといけないのでしんどいからです。ですからそうやってセットしたステージ写真などを見ると私がドラムを叩いている姿は70年代以前のロックやジャズのドラマーという感じですね。顔がシンバルの上から見えますんで、かなりシンバルも低くセットされています。

 これが私の好みのセッティングですが、こういう低いセッティングにする方にお会いすることは実はほとんどありません。こればっかりは何でなのか理由が分かりませんが、私自身はとても合理的なセッティングだと思っています。全てがすぐに叩ける位置にセットされていて、しかも全てのものをスティックを上から下に振り下ろして叩ける場所にある。ドラムを楽にいいトーンで鳴らすことができるセットが低いセットなのです。

 もちろん好みの問題もあるでしょうし、体の大きさも足の長さも私と他のドラマーでは全く違いますから一概には言えません。でも少なくとも高い位置にシンバルやはハイハットをセットするよりは低い方が楽にいい音で叩けることは絶対と言っていいと思いますよ。

 あるプロのドラマーはそのHPで「ライドを高くセットしている人はそれだけで上手い人だと分かる。」などとおっしゃっていますが、「じゃあバディ・リッチは?ボンゾは?イアン・ペイスは?」と訊きたくなっちゃいますね(笑)。彼らはみんなシンバルのセッティングは異様に低いです。でもそれが結構彼らのプレイスタイルには合っているのです。ライドを「チンチン」とレガートを主体に使う方には高い位置に響くようにおくのが良いのでしょう。しかしレガートもするし、クラッシュのようにジャンジャンとスティックの腹で鳴らすし、なんてプレイスタイルだったら高い位置にライドがあるといい音で鳴らせないのです。

 今の私のセッティングはそこそこ長い経験から得た答えです。とにかくドラムという楽器は「いかに上手くスティックを当てることができるか」というのがポイントの楽器です。スティックを最も効率よくドラムやシンバルに当てて、しかもいろいろなトーンを引き出すためには単純に考えて「上から下にスティックを振り下ろす」ことが無理なくできるのが大切です。そうなると自ずとセッティングは肩より高い位置にあるより低い位置にある方が楽です。

 まあでも理屈はどうであっても、もし今比較的高い位置にセッティングしてプレイしている方々もぜひ一度低くセッティングしてみて下さい。きっと自分が思っている以上に楽に叩けていい音が出ると思いますよ。「ライドを高い位置にセットしない奴などカス」とか「イスが高くないと下手」とか言う連中などクソ食らえ!(笑)アホか、イスもライドも低い方が楽にパワーがかけられて、一番いい音がするんだよ!って開き直ってますね、最近は。
ドラム

スネアのチューニング

2007/09/03 Mon 01:37

 以前にレモの「ファイバースキン3」をスネアに張っているがどうもチューニングが難しい、といった話を書いたと思います。最近スネアのサウンドがどうにも気に入らなくなってきて、じゃあ一度皮やスナッピーを一から張り直そう、とやってみることにしました。

 何しろ全部をバラして組むのなんて多分このスネアを買って以来のことで、多分十数年ぶりの話ではないでしょうか。シェルの中にも埃やゴミが溜まっていたし、せっかくのメイプルのきれいなシェルがやや汚れ気味でもあったので掃除もかねて組み直しました。

 そうしたらどうでしょう、ほぼ一発でチューニングが決まりましたねぇ。あれだけ扱いにくいと思っていたファイバースキンもなかなかいいものです。ノーミュートでもきれいに鳴ってくれます。スナッピーの響きもいいし全く別物のようになりましたねぇ。

 うーん、そこで結論。皮を何度か張り替えてそのうちにチューニングが決まらなくなってきたら、全部一から組み直すこと。多分裏の皮やスナッピーやその他諸々の微妙なバランスが長い間にちょっとずつ崩れ、それが蓄積されてきているので、それをバラして組み直すことでリセットすればまた良いサウンドが戻ります。

 そうやって叩いていると、ファイバースキン、なかなか良い皮です。確かにきちんとチューニングすれば変な響きがなく、ミュートも不要で良い鳴りをしてくれます。
ドラム

バディー・リッチについて

2007/09/02 Sun 00:45

 バディ・リッチは私の好きなドラマーの一人です。最近昔から現代までの様々な有名なドラマーの演奏を見ていて思ったのですが、バディ・リッチは多分ドラム界に革命をもたらすほどの天才ドラマーだったんだろうな、ということです。

 確かに今ではバディより上手なドラマーは沢山います。でもそれらは全部バディが世に広めたテクニックやプレイスタイルを発展させただけではないかと思うことが多いのです。彼の凄まじいまでの粒の美しさ、ドラム自体のトーンの美しさ、そしてスティックプレイや片手ロールなどで見せるショウマンシップ溢れる驚異のテクニック。

 しかしジャズドラマー全般について言えることですが、確かにドラマーのテクニックは凄いのかも知れませんが、あまりに独りよがりで何やってんのかさっぱり意味が分からないようなプレイ、リズムやドラムのチューニングをする人も決して少なくありません。そしてさも一般人には理解困難なフレーズをプレイできることを「一流ジャズミュージシャン」であると勘違いし、そういうプレイを行うことに命を懸けている勘違いジャズ演奏家を多く見かけます。

 しかしこういった一見難解なプレイが結局ジャズが多くのファンを失って「通」ぶった人だけがうんちくを垂れながら聞くとてもスノッブでマイナーな音楽に成り下がった原因だと私は思っています。そもそも音楽にしても絵画にしても、多くの人の支持を得てこそそれが本物となるわけです。汚いトーンで、バンドのメンバーですら合わせることが出来ないほど訳の分からないリズム。そんな訳の分からない音楽を平気で演奏していたからジャズから多くのファンが逃げたのです。ですからたとえ迎合と揶揄されようと、やはり多くのファンやプレーヤーの共感を得られるプレイを行うことには大きな意味と価値があるのです。

 そういう意味でもバディのプレイは常にリズムとノリがあり、そして聞き易さと分かり易さ、そして単純に凄さを感じさせるものであり、そのある種の明快さがバディの最も良いところであり、それ故多くのドラマーや一般音楽ファンから卓越した天才ドラマーとして評価が得られたのだと思います。

 Drummerworldでのバディの動画を見ているとあまりのテクニックとノリの凄さに驚くばかりであり、このプレイをマッチドでプレイしているのが70年代の有名ロックドラマー達であるイアン・ペイスやジョン・ボーナムであり、彼らのドラムソロを見ているといかにバディから大きな影響を受けているかというのは明らかに思えてきます。

 いまだにデイヴ・ウェックルなどの現代の超一流プレイヤー達も自分の教則ビデオでバディのテクニックについて解説したりしていますので、バディがいかに時代を超えて多くのドラマーに影響を与えたかということに誰も疑いはないでしょう。

 楽器の世界では必ず何十年かに一人くらいのペースで天才的なプレーヤーが登場します。そしてそのプレーヤーの登場後その楽器に関する演奏レベルがぐっと上がることが少なくありません。最近のロックギターでいえばエディ・ヴァン・ヘイレン、イングヴェイ・マルムスティーンあたりになるのでしょうし、ジャズトランペットでいえばマイルス・デイヴィスあたりになるのでしょう。ドラム界でいえばきっと間違いなくバディ・リッチになるのではないかと個人的に思っています。

 繰り返しますが、今ならバディのようなプレイは当たり前ですし、彼よりずっとテクニシャンであるドラマーはいくらでもいるでしょう。でもそれはバディがそのテクニックを世に広めたからなのです。当然バディの登場後のドラマーにとってはバディのテクニックは当然マスターすべきものとなるためバディのテクニックが今では普通のテクニックになっただけの話なのです。しかしそれだけ影響力のあるプレイをしていたというところがバディの凄さなのです。

 先ほどのロックギターについてもいえば、私の記憶の中ではここ30年くらいではエディ・ヴァン・ヘイレン以上に革命的に影響をもたらしたギタリストはいないでしょう。何故なら彼の登場後どれほどストラトタイプのギターのリアにハムバッキングピックアップとトレモロアームがセットになったものが世に溢れたことか。そして右手を使ってフレットを押さえたりタッピングハーモニックスを出すプレイがジャンルを問わず当たり前のごとく使われていることなどを見ればエディのプレイがどれほど革命的で、しかも誰にでも受け入れられる画期的なものであったかが伺い知れます。

 話を元に戻せば、ドラムの世界ではここ100年くらいの間で最も影響をもたらしたドラマーはきっとバディ・リッチでしょう。ですから彼のプレイを研究することはドラマーとしての基礎テクニックを全て研究することであり、それをマスターすることができれば今の時代でも十分すぎるほど通用するものであると言えるのではないでしょうか。

 どんなジャンルを演奏しているドラマーであっても、もしまだバディのプレイを見たことがなければぜひ一度彼のプレイを動画で見てみることを強くオススメします。数十年前にこんなプレイをしていた人がいた、ということに多くの方が大きな衝撃を受けるのではないかと思います。
好きなミュージシャン
 | HOME |