前回のブログに書きましたようにペダルボードは一応完成しているわけなのですが、以前からどうしても気になってしかたがないことがあるもんですから、それをボードに組み込んでバンドでテストしてみることにしました。

P_20170717_124317.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
ギターの改造同様に、こちらも半年くらいかけて試行錯誤を繰り返してきたペダルボードですが、今日ようやく最終的に組み上げが終わりました。以前の姿とそれほど劇的に変わったところはありませんが、現段階ではこれが完成形です。

P_20170710_004904.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
エフェクターの分類に書くのはちょっと違うような気もしますが、またまた私が使っているプリアンプのSS-11Aの話です。

多くのギタリストがフェンダーやマーシャルのアンプを使ってサウンドメイクされているのと同じように、私の場合はこのSS-11Aでサウンドメイクをします。というのも、これが私にとっての「アンプ」だからです。もちろん実際に音を出すためにはSS-11Aの後ろに「アンプ」をつながないといけませんが、その場合でもアンプのリターン端子に入力するだけで、そのアンプで音を作るわけではありません。

P_20161206_192350.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
ちょっと前に購入した禅駆動ですが、今でも時々使っています。ボードに組み込んでいないので普段使いではないのですが、ちょっとだけギターを弾きたいときに、ギターから禅駆動につなぎ、その後アンプのクリーンチャンネルにつないでつま弾いたりします。

133196172654313106575.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
先日ギタープリアンプ用の真空管を交換したばかりですが、期待したサウンドではなかったので、いろいろ考えた結果、また真空管を買ってしまいました・・。バカですね(笑)。

ダウンロード
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
注文していたSOVTEKの真空管、届きました。で、早速デフォルトのエレクトロハーモニクスの真空管と交換してテストしてみました。

179675.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
AMT社のSS-11Aというプリアンプを私は使っているのですが、このアンプ、ドライブツマミを12時より強くしますと単音で鳴らした時にアタック音が潰れてしまいます。そのせいもあって、ドライブツマミは10時から11時位の位置に設定し、足りない歪みはオーバードライブでブーストして付け加えています。

しかし最近「やっぱりそれっておかしくない?12時よりドライブを高くしてもプリアンプだけでしっかりと綺麗に歪むサウンドを出せるようにしたほうがいいはずだよね?」と疑問に感じるようになり、知り合いのスタジオ経営者が「プリ管を換えると随分サウンドが変わりますよ」と教えてくれこともあって、意を決してプリ管の交換テストをすることにしました。

gakki-de-genki_12ax7eh.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
厳密にはギターエフェクターではありませんが、エフェクターと一緒に使われる道具なのでこちらのカテゴリーに。

以前からチューナーをもっと小さなサイズのものにしようと思っていましたが、年を越したこともあって(笑)、このたびコルグのピッチブラックミニを購入しました!

sub_80-6211281001_l.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
ここ数日飽きるほどテストしまくってきた禅駆動VSランドグラフの戦いでしたが(笑)、本日結論を下す時が来ました。私にとってはランドグラフの勝ちです。決定的なポイントは、昔から私がしばしば歪サウンドのキモとしてチェックするポイントなんですが、フロントピックアップのソロサウンドのセクシーさですね。これはどうしても禅駆動ではランドグラフに勝てません。

f55b57857169650f356a43b635f42d3abe04dd6b_l.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター

禅駆動、テストしています

2017/03/22 Wed 15:50

禅駆動ですがすでに手元に届いてテストを連日繰り返しています。で、実際に手に取ってみますと、ランドグラフなどと同じ一般的なハモンドのケースで作られたペダルでした。これならボードに取り付ける際も裏蓋を交換すれば遠慮なくマジックテープを貼れます(笑)。

この禅駆動、実際に使ってみますとなかなか評価が難しいオーバードライブペダルです。なぜ難しいのかと言えば「小さな音でしかテストしていないから」です(笑)。きっとこのペダルはバンドの中で鳴らすような音量で弾いてみなければその良し悪しがわからないペダルなんだろうと思います。

P_20170322_124312.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
最近は仕事が忙しくていろいろとストレスも溜まりがちです。そんなストレスを発散するわけではありませんが、とうとう禅駆動をオーダーしてしまいました・・(笑)。

133196172654313106575.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
ランドグラフのオーバードライブには3つのモードがあるわけですが、私はそのうちTSモードにほぼ固定して今まで使っていました。でも、ふと「ダンブルモードもいいかも。あるいはマーシャルモードもいいかも」と思いたちまして、先日バンドの練習がありましたので大きな音で色んなモードを試してきました。

その結果・・。

f55b57857169650f356a43b635f42d3abe04dd6b_l.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
フュージョンギターなどを聞いていて、最近は「ダンブルサウンド」というのがなんか気になってきました。ダンブルアンプそのものがだれでも演奏できるものではないのでホントのダンブルサウンドを体験する人はまず世の中にいないわけでダンブルサウンドを一言で言うのは難しいみたいですが、有名ギタリストの演奏などから私のイメージとしては「ちょっとディストーションっぽい荒さのあるチューブオーバードライブサウンドで、少し太いサウンド」という感じに捉えています。

1510b11b.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
ギターを再び真面目に弾くことになったこの数ヶ月間、PODのアンプシミュレーターを使うところから始まったサウンドメイキングですが、何度かの機材入替を経て現状に落ち着きました。今のギターサウンドの要は、ランドグラフのオーバードライブとAMTのプリアンプだといってもよく、これらが私の出したい音の大部分を作ってくれています。

e0052576_1181848.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
AMTのSS-11Aというチューブプリアンプをボードに入れてずっと家でもスタジオでも使っているわけですが、このプリアンプに標準で付属している電源を使うとノイズが大きくなってしまい、別の日本で売られている電源に交換したらノイズがマシになった、という話は以前のブログにも書きました。

でも今日たまたま思い立って標準の電源に変えてみてプリアンプを使ってみたところ、あれ?全然ノイズがなくなってます・・・。

P_20161206_192334.jpg
>>続きを読む・・・
ギターエフェクター
 | HOME | Next »