メインのシンクロ号がただいま改造作業中のトラブルに見舞われて数週間ほど使えない状況なので、もっぱらフロイド号ばかり弾いています。そのフロイド号も、ドリルスタンドがきたので、本日このあと30年以上使った木ねじタイプのスタッドからアンカータイプのスタッドに交換作業をする予定です。シンクロ号のような大失敗をしないことを願いつつ作業を行います・・・(笑)。

P_20170504_130901.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
先般のライブを行ったときの録音などを聞いていますと、ギターのリアサウンドに少し不満を感じるようになってきました。その時リアにつけていたピックアップはダンカンのカスタムカスタムですが、確かにコードを鳴らしたときにはすごく迫力あるサウンドになるし、ソロのトーンも太いのですが、やはり基本的に単調。特にソロの時のトーンはピッキングのニュアンスが伝わりにくく、どうしても平板な印象になってしまいます。

sd_sh1bncove.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
先日の記事では「飽きた」と書いてしまったカスタムカスタムのサウンドですが、あの記事を書いたあとくらいからなぜか猛烈によい音で鳴るようになりました。まるで前回の記事を読んでいたかのようです(笑)。

P_20171007_200749.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
ただいまメインのストラトにはリアにカバーを付けたダンカンのカスタムカスタムを付けています。それなりに良いサウンドがしていると思うのですが、フロントが色気たっぷりなダンカンのジャズだからでしょうか、どうにもリアにセレクターを切り替えたとたんに音がつまらなくなってしまいます・・(笑)。

P_20171007_200749.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
最近メインのストラトはフロントがダンカンのJAZZ、リアがギブソンのT-TOPという組み合わせで歪ませたサウンドは十分満足していたのですが、やはりどうしてもクリーンにしたときの音量やトーンの違いが気になるようになってきました。スティーヴルカサーの言葉ではないですが、私もピックアップやギターに求めるものってヴァーサティリティ、すなわち「汎用性」なんです。つまり「どれだけどんな状況にも使えるサウンドが出るギターか」というところがすごく大事に感じるんですよね。

P_20171007_200749.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
最近もネットオークションでピックアップやらエフェクターやらを探していますが、ギブソンの古いピックアップに関してどう見ても怪しいものがたくさん出ていますね。

sim_20170920150040e37.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ

再度ポッティング・・・。

2017/10/21 Sat 17:20

えー、昨日ピックアップのポッティングを行いましてブログに書きまして、その際に「音が鳴らなかったら大笑い」と書いたのですが、なんと、ギターに取り付けるとT-TOPから音が出ません!(笑) ちなみに同時にポッティングした59はきちんと音が鳴ります。なぜT-TOPだけ??

ええ~っ!と驚きながら配線などの原因を探していきますが、結局原因はわからずポッティングしたばかりのピックアップをバラすことに・・。

P_20171020_235144.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
先般のライブで、カバーを付けたダンカンのカスタムカスタムが結構ハウったことでピックアップのポッティングの必要性を強く感じておりましたが、本日作業を敢行いたしました。今回ポッティングを行ったのは、カバーを付けたダンカンの59Bとベースプレートを交換したギブソンのT-TOPです。

P_20171020_133507.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
先日大きな音を出してセイモア・ダンカンのカスタムカスタムがリアについてギターを鳴らしてきました。ジャズコーラスを使う場合のプリアンプの設定もだいぶマシになってきて、サウンドは自分自身でも満足、聴いておられたギタリストの皆さんからも概ね「良いサウンド」とのお声をもらいました。

P_20171007_200749.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
えー、前回メインのストラトのピックアップをダンカンの59にすると書いたばかりですが、やはり一度カバー付きのカスタム・カスタムを試してみたい気持ちが消えず、結局カスタム・カスタムを取り付けることにしました・・(笑)

P_20171007_192359.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
メインのシンクロ付きストラトのピックアップですが、現在は古いギブソンのT-TOPがついています。大きな音を出してスタジオやライブで使ってみましたが、音は問題ないですね。トーンもハイからローまでいいバランスで出力もフロントのJAZZとそんなに悪くないバランスで鳴ってくれます。

P_20170925_005635.jpg

>>続きを読む・・・
ピックアップ
そういえば、まだ高校生の頃からピックアップはあーでもない、こーでもないととっかえひっかえしてきました(笑)。リアのハムバッカーについては79年製のT-TOPを買ってそれを数年前までずーっと使っていました。その後このブログでも記事にしたみたいに、ピックアップ比較企画みたいなのを行ったので、リアにもいろんなピックアップを取り付けてきました。そしていま再びT-TOPを取り付けて元に戻ったわけです。

161239836038.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
私が昔々に買って今でもずっと使っているギブソンのT-TOPの足が壊れてしまったので、これを機にベースプレートごと交換することにしました。

P_20170925_003745.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
先日メインのストラトのフロントにダンカンのSH-2 JAZZモデルをつけて以降、とてもフロントのサウンドが気に入っているのですが、そうなると逆にリアの59のサウンドが妙にシャキシャキサウンドに聞こえてくるようになってしまいました(笑)。

もちろん59のサウンドはとても好きですし、特に歪ませたときにはとにかくいい感じに歪んでくれるので個人的にはほぼ満点をつけているピックアップです。でもフロントのJAZZのサウンドに合わせてリアももうちょっとミッドやローが強いピックアップもいいんじゃないかという気がしてきました。

sim_20170920150040e37.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
で、昨日のフェイズ90改造に続きまして、今日は以前から改造候補に挙げていましたセイモアダンカンのJAZZモデル、SH-2Nをギターに取り付けることにしました。取り付けるギターはノーマルシンクロのストラトで、現在アンティクイティネックがついています。

P_20170813_163750.jpg
>>続きを読む・・・
ピックアップ
 | HOME | Next »