こんな書き込みをしておられる方をネットで見かけました。

大人になって楽器を始める人がムカつきます。

なるほど、なるほど。

OP-23 (1)-a
>>続きを読む・・・
その他

お詫び・・

2012/10/11 Thu 18:22

 いつもこの拙いブログにお越しいただきましてありがとうございます。

 従来は、みなさんの貴重なご意見を伺うのも楽しいなぁ、と思っていたのでコメントを書き込む欄を用意しておりましたが、勝手ながらコメントの受付けをしないことにしました。

 そもそも、私の思い込みに近い、楽器や音楽について書くことが多いブログなので、当然読んでおられる方の中にはご意見の異なる方もおられると思います。その方からご意見を頂きますと、今まではその都度できる限り丁寧に私の考えの意図や、頂いたご意見に気づいたところをご返事してきたわけですが、正直、こういう作業って結構エネルギーを使っちゃいます(笑)。

 かと言って、頂いたコメントを無視するのも申し訳ないし。
>>続きを読む・・・
その他
 一時期ものすごく昔のジャズにハマった時期がありまして、古い演奏をネットラジオでずっと聞いていた時がありました。でも最近はとんと聴かなくなってしまいました。

 その理由は、昔のジャズって玉石混合だからなんです。確かに素晴らしい演奏をする人たちも多いのですが、時々、というか、結構頻繁に下手くそが出てくるんです。いえ、もちろんジャズの場合はうまい人がわざとリズムを崩したり、音を外して演奏するケースが多いことは知っていますが、よく聴いていると下手な奴が単に音を外しているだけのことも少なくないのです。
>>続きを読む・・・
その他
 私は個人的にオーソドックスなジャズが好きなので、インターネットラジオなどでもよく聴くのですが、ジャズのプレーヤーたちの演奏には、ただ単純に「凄いなぁ」と驚くことが少なくありません。

 また一方で、特に昔の演奏などを聴いていると「うーん、これはもしかして上手いの?」と思う演奏に出会うことも少なくなく、私たちの一般的な認識である「ジャズプレーヤー=メッチャ上手い人達」という価値観に疑問符がつくことがあります。

 はたしてこのあたりはどうなのでしょうか?ジャズのプレーヤーでも下手な人はいるのでしょうか?それともやはりジャズのプレーヤーはみんな上手いのでしょうか?

>>続きを読む・・・
その他
 最近このブログに書かれた記事を振り返ってみれば・・・、なんだギターの話ばっかりじゃないか!(笑)

 あれぇ、確かドラマーとしての話を綴るためにこのブログを始めた話なのに、最近ギターを弾く機会が増えたせいかギターオンリーにブログがなってきているぞ!

>>続きを読む・・・
その他

エリッククラプトン

2010/10/11 Mon 23:26

 今日はエリッククラプトンについて。

 エリックのファンは日本だけでなく世界中に多いので今まであまり声を大にして書いたことはないのですが、好きなことを書いてもよいのがネットとブログのいいところだろうと思いましてお叱りを承知で書きますね(笑)。

 いきなりで申し訳ないのですが、エリックってギター上手いですか?これは本当に私がギターを弾きはじめた頃からもう30年以上経ちますし、私自身クリームの頃から、デレク・アンド・ドミノス、ソロ、といろいろレコードを聴いてきてはいるのですが、一度も上手いと思ったことはないのです。

 正直書きましょか。エリックのプレイって、ただ単にペンタトニックを手癖で動かしているだけですよね?で、時々チョーキングとビブラート入れて、って感じで。確かに先駆者としての功績や、ギターヒーローとしての存在感、よいオーバードライヴサウンド、正確なリズム感とピッキング、運指とビブラートの綺麗さなどは認めますけど、あれを上手いプレイって言われるとちょっと違和感ありますよね。

>>続きを読む・・・
その他
 ネットのニュースによりますと、ガンズ・アンド・ローゼズがレディングフェスティバルに一時間遅れて到着したため、ショウの終わりで電源を落とされたのだとか。マヌケな話ですわね(笑)。

 前科のある彼らは事前に主催者から警告をされていたにもかかわらず遅れてきたのだとか。なんとかアンコール前までは電源をつけてくれていたみたいですが、アンコールが始まる頃に電源が落とされた模様。アコースティックなどでなんとか演奏をしたみたいですが、これはしょうがないんじゃないでしょうか。

 バンドのギタリストは「主催者はファンとバンドをリスペクトしていない」とツイッターに書き込んだそうですが、それよりもバンドの方こそギャラをくれる主催者とずっと待ってくれていたファンをリスペクトしてないんじゃないんでしょうか(笑)。

 まあ芸能人は洋の東西を問わず普通の常識はあまり持っていないようで・・。

その他
 | HOME |